セカンドメール

ファーストメールに、彼女から返信が来たら、大きな一歩となります。しかし、これからがもう一踏ん張りありますので、気は抜けません。メル友であれば、1カ月どうにかメールのやり取りができれば、その先メル友としてやっていけるかもしれません。そう考えると、まだファーストメールの返信ぐらいでは気は抜けません。ファーストメールに彼女からの返信が来たら、その内容を考えてみましょう。「こちらこそ、よろしくね」のような挨拶程度であれば、あなたは彼女の中では特別な男性ではなく、単なる多くの中の一男性でしかないのです。また、ファーストメールの内容に対して細かく書いてきたら、これはある意味期待できる男性ということになるかもしれません。何しろ、挨拶のようなメールは一番判断に困るのです。女性の情報が分らないままなので、メールの内容であまり興味を持たせることができません。そういうときは、自己紹介をするほうが無難です。でも、自分の外見とかを詳しく伝えようとしたりするのは厳禁です。自分の事を細かく説明するということは、女性にも教えてくれというふうにも取れるのです。見えない強制感があるのです。そして、外見を知りたがるということは、会うことが前提の男性だということに思われてしまうのです。まずは、女性と同じような趣味など、楽しい会話のできるメル友になりたいと、思っていることを伝えなければなりません。そして、逆にこちらから、「もしよければ、あなたのことも知りたいです」というようなことを書いておけば逆に自然かも知れません。このときに「ぜひ」とか、「絶対」という言葉は厳禁です。